WordPress

保護されていない通信を鍵マークに変更させるSSL化(https)

投稿日:2018-09-25 更新日:

サイトのSSL化

 

わざとデス!

 

このサイトを、わざとSSL化(https)にさせないで、SEO検索表示に関しての影響を見てみました。

ホームページをSSL化させる利点としてのGoogle評価は、どうなんだ!?
ってことで、トライしてました。

 

で・・・ここ最近、ようやくこのWebサイトもSSL化させました。

 

 

結果としては、若干PV数が上がった傾向が見受けられます。

若干ですが…

正直な所、まだSSL化してから日が経っていないので、詳細データまで取得できてません、というのが今現在。ハッキリと分かり次第報告させて頂きます。

 

 

せっかくサイトをSSL化させたので、ホームページやブログサイトをSSL化させる手順を記事にしたいと思います。

エックスサーバー

このブログサイトは、エックスサーバーを利用してワードプレスでサイト運営しているので、その手順を解説したいと思います。

chromeのURLアドレスバーに、鍵マークを付ける手順や、鍵マークが付かないときの解決策も一緒にやっときます。保護されていませんの消し方もね。

後、アナリティクスなどの設定を直す手順も、ぜ~んぶまとめときます。

 

SSL化(https)とは?

サイトのSSL化2

 

あまり深く考えなくてOKです。

今現在では、ほとんどのWebサイトがSSL化に対応していますし、逆にSSL化させていないWebサイトの方が少ないのでは?って感じの印象。

ずっと更新せずに放置しているWebサイトとか、今現在は手を加えていないWebサイトは、まだ対応していないのが目立ちますが・・・

 

ホームページのURLが、今までだと『http://~~~』だったと思いますが、『https://~~~』に変更させるといったことがSSL化と認識でOK。

Webサイトのセキュリティー強化といった所です。

SSL化することによってサイトの通信を暗号化させ、悪意のある第三者の改ざんなどを防ぐ役割があります。ECサイト(通販サイト)などでは、クレジットカードの情報やお住いの住所の入力を行う画面のみがSSL化で対応させて、個人情報などを守っていましたが、現在では全てのページや全てのWebサイトにSSL化が推奨されています。

 

WebサイトをSSL化させる大きな利点としては

①:サイトのセキュリティ強化

②:Googleからのサイト評価が向上

③:Webサイトを訪れたユーザーが安心して閲覧できる

④:サイトの高速表示

この辺が、多きな利点(メリット)です。

ひと昔までは、『https』で表示速度の低下や、検索エンジンに悪影響なんて言われていた噂もありましたが…絶対的に間違った情報です。

今あなたが思いつく大手のインターネット上のホームページを検索かけてみて下さい。アドレスバー(URL)が『https』になっているはずです。

てか、Google自体が『https』だしね。

 

逆にデメリットを考えてみます。

SSL化に対応させるのが、めんどくさい!

ただこれだけ!

 

Webの知識が多少あれば、全然余裕なんですが。

初心者は少し苦戦するかな。と言った印象

ですが、正しい手順で行えば簡単だから、まだWebサイトをSSLさせてない人は、この機会にチャレンジしてね。SSLに対応させないでイイ事なんてない。位なので!

 

WordPressをhttpsのSSL化

この記事では、WordPressでブログやWebサイトをSSL化させる為の手順を記載していきますが、基本的にどのツールでも一緒です。

手順としては

①:サーバーでSSL設定

②:データのバックアップを取得

③:WordPressでSSLの設定

④:内部リンクを変更

⑤:リダイレクト用にコードを変更

この手順で設定するのが1番早くてスムーズです。

Googleアナリティクスとか、SNSを利用している場合は、この後に各設定を直す作業が必要になってきます。早速、①から設定していきましょう!

 

step
1
サーバーでSSL設定

まずは、利用中のサーバーでSSL化させる為に設定し直す必要があります。

エックスサーバーへ

サイトのSSL化3

サーバーパネルにログインして、ドメインの「SSL設定」

「SSL設定」に入ると利用中のドメイン一覧が表示されているので、SSL化させたいドメイン名を選んでクリック

 

 

サイトのSSL化4

ドメインを選択したら、「独自SSL設定の追加」をチョイス!

で、「独自SSL設定を追加する(確定)」クリックして完了です。

 

すると、SSLの新規取得申請中です。との表示が出てきます。

 

この時にSSL新規設定の反映に時間がかかるので、最大1時間程度かかります。と表示されますが、早けりゃ5分くらいでOKな時もあるので、少し時間が経ってから再度確認してみて下さい!

サイトのSSL化5

確認方法は「SSL設定の一覧」をクリックして開くと、さっき新規取得したドメインのURLが「SSL用アドレス」に表示されるので、そのままソコをクリック。

 

 

すると、反映されていればWebサイトが表示されます。

反映がまだの場合は、Webサイトが表示されずに「プライバシー接続が保護されていません」の画面が表示されます。

サイトが表示されるまで、少し休憩です。

このサイトの場合は10分程度で、すぐに反映されました。

 

Webサイトが表示されるようになったら、サーバー側のSSL設定が完了となります。

次のステップへ移動しましょう!

 

 

step
2
データのバックアップを取得

ここからは、WordPress側での設定になります。

バックアップの取得方法を知っている人は、この項目を飛ばして、次の項目へ移行してね。

バックアップは、サイトに異変が生じた場合に、元に戻すために絶対的に必要です。

SSL化させる以外にも、WordPressのサイトをカスタマイズする場合はバックアップを取得してから作業をしてね。

このバックアップを取る方法を覚えとけば、応用が可能なのでこの機会に覚えちゃって下さい!

 

 

WordPressだとプラグインがあるので、プラグインを利用して一括でバックアップを取っちゃいます。

手っ取り早くできるWordPressのプラグインは「BackWPup」

サイトのSSL化6

WordPress管理画面から、プラグイン画面に移動して「新規プラグイン」検索に「BackWPup」を入力してインストール。

インストールが完了したら、有効化にします。

 

 

有効化に設定したら、ダッシュボードから「BackWPup」「ダッシュボード」をクリック

【1クリックバックアップ】「データベースのバックアップをダウンロード」をクリックします。

以前までは英語表記でしたが、今は日本語表記になってます。

 

バックアップが完了すると、取得したバックアップを任意のフォルダに保存しときます。覚えやすい名前に変更して、何かあったらすぐに取り出せるパソコン内に保存しときましょう。

これで、バックアップが取れました。簡単でしょ!?

WordPressで他の設定などをカスタマイズする場合も、同じ手順でバックアップを取得することが可能なので、活用してみてね。

 

 

step
3
WordPressでSSLの設定

ここが1番簡単な項目です。

誰でも余裕です!

 

WordPress管理画面から「設定」

「設定」⇒「一般」

・WordPressアドレス

・サイトアドレス

サイトのSSL化8

この2か所のURLを『http://』『https://』に『 S 』を追加するだけでOKです。

この2つに『 S 』を追加出来たら、【変更を保存】を忘れずにクリックして完了です!

 

 

step
4
内部リンクを変更

SSL化させていなかったWebサイトは、今まで『http~~~』で始まるURLを使用して、画像を添付していたり、サイトからサイトにリンクさせていました。

 

これを全部『https~~~』からに変更させる必要があります。

難しそうな手順ですが、こちらもWordPressならプラグインを利用すれば一括&1発で簡単に変更させる事が可能。

「Search Regex」というプラグインを利用します。

サイトのSSL化7

 

他のプラグインを新規インストールする手順と同じで、WordPress管理画面からプラグインの新規追加を選択。

検索で「Search Regex」を入力して、インストールします。

インストールが完了したら【有効化】を忘れずに!

 

有効化したら、「Search Regex」の設定画面に移動します。

この設定画面から、どのURLをどのURLに置き換えるかを記載していきます。

基本的に、デフォルト(初期設定)のままで大丈夫なので、URLの箇所だけ自分のサイトURLを入力します。

「Search pattern」⇒ 今までの《 http 》のURLを入力

「Replace pattern」⇒ SSL化した後の《 https 》のURLを入力

この2か所だけ入力したらOK

他は触らないで大丈夫です。

2か所のURLを入力が完了したらReplaceをクリック

 

 

すると、置き換えを行う予定画面が表示されます。

「このようにURLを置き換えますよ。」って、感じの画面です。

・上が今までのURL

・下が置き換えするURL

ページ数が多い人は、全て確認するのに時間が必要だと思いますが、置き換えを行ってしまったら元通りに戻すのに一苦労するので、一応確認しておきましょう。

初心者の人は、どこを確認すれば良いのか?って感じだと思いますが、基本的に《 http 》⇒《 https 》に変更されているのか。これだけです!

全部確認しなくても、ある程度変更されていれば後からも検証できるので、大丈夫!

 

一応確認してみて、置き換えがOKだったら、【Replace】の隣に表示してあるReplace & Saveをクリックです。

これで、URLの置き換えは完了となります。

 

 

step
5
リダイレクト用にコードを変更

最後の1項目です。

ここが、1番厄介かも…

厄介な理由は、【.htaccess】ファイルを変更させるからです。

FTPとか、ソースコードの変更を行ったことが無い人は慎重にね。

ただ、エックスサーバーだとFTPソフトが不要で【.htaccess】を変更できるから、余裕かも…

とりあえず、変更方法にいきましょう!

 

 

エックスサーバーの場合は、【.htaccess】の項目があります。

そこから【.htaccess】を選択。

.htaccess編集】をクリックして、対象ドメインのファイルを表示させます。

ファイルが表示されたら、コードが記載してあります。

何も変更せず、1番上に

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

これをコピーして貼り付けして下さい。

これを貼り付けする事によって、今までの《 http 》からアクセスしてきたURLを、自動で《 https 》に転送させる事が可能になります。

追加が完了したら【.htaccessを編集する(確認)】を忘れずにクリックして完了となります。

 

 

以上の手順を完了すると、今までのURL(http)にアクセスしていたユーザーを自動で(https)に転送してくれるようになります。

この方法で変更させればGoogleのサイト評価を受け継いでくれるので、順位が不安定になったりすることも無いです。

 

確認として、今までのURL(http)でアクセスしてみて下さい!

サイトのURLが(https)に変更されていればOK

 

 

鍵マークが表示されない解消法

サイトのSSL化9

ホームページをSSL化(https)に変更したら、基本的にアドレスバー内URLの左側に鍵マークが表示されます。

しかし、なんらかの理由で鍵マークが表示されない場合があります。

(保護されていない通信)が消えたとしても、ビックリマークが表示されて鍵マークが表示されないと未完成です。

この症状は完璧にSSL化出来ていませんよといったサインと考えて下さい。

鍵マークセキュリティ万全サイト

との認識をしているユーザーも多いので、しっかりと鍵マークを表示させましょう。

 

 

鍵マークが表示されない理由として、最も多いのはサイト内にhttpが残っているという事。

しっかりと正しい手順でURLを置き換えても、サイトの何処かしらに置き換えられてない箇所が絶対にあります。

それを直してあげないと鍵マークが表示されません。

 

 

■ WordPressでよくあるパターン

WordPressで置き換えられていない箇所を解説していきます。

ウィジェット

これが、最も多い原因です。

プラグインを利用してURLを置き換えしても、ウィジェット内は変更されていません。ウィジェット内の(テキスト)(カスタムHTML)(画像)などを全て開いて、エディタの『テキスト』を開いてみて下さい。この中に《 http 》と記載してある部分があれば、全て《 https 》に打ち直してください。『 S 』を追加するだけでOK。

全ウィジェットを確認して、打ち直しが完成したら、再度サイトを更新して確認して下さい。

 

テーマによる画像

WordPressの使用しているテーマによって、ウィジェット以外に画像が挿入できる箇所が存在するテーマがあります。

例えば、トップページにだけ貼り付けができる部分とか。

このブログサイトだと、AFFINGER5(WING)を使っていますが、ウィジェット以外に『AFFINGER5管理』の『おすすめ記事一覧』の中の『ヘッダーカード』画像が(http)のままでした。

このように1か所でも(http)があると鍵マークが表示されないので確認してみて下さい。

 

アフィリエイト

ほとんどのアフィリエイトは問題なく表示されると思います。

たまに、ごく一部だけNGな場合があります。アフィリエイトタグを確認して(http)の表記があれば『 S 』を入力して変更して下さい。

 

疑わしいページから(F12)

全て確認したけど、原因不明な場合

大抵サイトのトッページだと思いますが、パソコンのキーボード(F12)をクリックしてみて下さい。(https)に変更されていない部分が表示されます。そこのURLをクリックすれば、どの部分がまだ(http)なのか表示してくれます。

 

 

アナリティクスの再設定

(保護されていない通信)が消えて、鍵マークが表示されたら、SSL化の成功です。

お疲れ様です!

 

無事にSSL化を終えたら、各分析ツールなどを変更し直す必要があります。

サイト分析の王道ツール、Googleアナリティクスも変更が必須となります。

設定自体は余裕なんで、1分で出来ちゃいます。

 

まずは、アナリティクスにログイン

サイトのSSL化10

 

ログインが出来たら管理プロパティ設定

プロパティ設定からURLの表示が【http://】になっている部分があるので、そこをクリックして【https://】に変更してあげます。

で、保存!

以上でアナリティクスの変更が完了となります。

 

 

SSL化のまとめ

WebサイトをSSL化する事によって得られるメリットは、変更しないメリットより絶対に多いです。

Googleアドセンスなどのアフィリエイトで収益を上げている人は必須!サイト評価や、訪問ユーザー数もすぐに安定しだすと思います。てか、あまりマイナスに起こりえる変化は無いです。正しい手順でやれば、誰でもスムーズに変更できるので、まだSSL化してないサイトはチャレンジしてみて!

 

 

 

急上昇の記事

マシェバラトークラーバー

アプリ

【マシェバラ・トークアプリ】配信用ライバーで気軽にお小遣い稼ぎ!

2018/08/02    , ,

【女性必見】 お小遣い稼ぎが出来ちゃう。マシェバラトークアプリをご紹介!   ライブ配信で、報酬ゲット!ってゆーアプリです。 使い方や、どんなアプリなのかを徹底解説していきます! &nbsp ...

lipsリップスアプリ

アプリ

【LIPS】コスメ・メイク好き女子必見の無料アプリ(リップス)とは…?使い方を徹底調査。

2018/12/06    , ,

LIPS(リップス)   コスメ・メイク好きが、こぞって利用している無料アプリ LIPS(リップス) 美容系で有名なYouTuber、TikToker、インスタグラマーなどの多くのインフルエ ...

cartuneapp4

アプリ

CARTUNE(カーチューン)車好きが集まるSNSアプリ

2018/07/11    

CARTUNE(カーチューン)   車好きな人が集まるSNSコミュニティアプリのCARTUNE(カーチューン)   今までにも車関連のアプリやSNSといった車好きが集まるコミュニテ ...

女性人気アプリ

アプリ

女性に人気の話題アプリをまとめて紹介 / これがトレンド

2018/12/18    , ,

女性向けに人気のアプリを まとめて紹介!!   ■ 美容系アプリ LIPS(リップス) コスメ・メイク好き女子に人気の 美容アプリです。   最近ではローラさんのCMで話題となって ...

ホンネアプリロゴ

アプリ

【HONNE(ホンネ)】匿名の悩み相談ができるヒマつぶし無料アプリの使い方

2018/11/27    , , ,

誰か悩みを聞いてぇー 誰でもイイから、かまちょー 相談にのってぇー そんな時にバッチリなアプリ【HONNE】     「みんなの本音、覗きみちゃう」がキャッチフレーズな完全ヒマつぶ ...

アプリ

【ARINE(アリネ)】女性のための美容まとめ無料アプリ。使い方から評判などを解説!

2018/12/03    

キレイになりたい。 可愛くなりたい。 オシャレになりたい。 美容が大好き。 すべての女性の為の、美容アプリ【ARINE(アリネ)】   美容に関する全般(ヘア・メイク・コスメ・ファッション・ ...

よく読まれている記事

-WordPress
-, , , ,

Copyright© wright BLOG , 2019 All Rights Reserved.