Analytics

Googleアナリティクスの基本操作/5つのレポートから情報を得る方法

2018-06-26

アナリティクス設定

Googleアナリティクスの基本的操作を解説していきます。

Googleアナリティクスは、サイト運営に欠かせない「アクセス」に関する情報を得られる高性能・高機能なツールです。

そこで今回は、初心者でも理解しやすく、すぐに使えるようにする為のGoogleアナリティクス、基本的な使い方の解説をしていきます。

 

この記事では、Googleアナリティクスを開いて、ホーム画面に出てくる5つのレポートを初心者にも分かりやすく説明していきます。

画面左側にあるレポート

リアルタイム

ユーザー

集客

行動

コンバージョン

この5つです。上から順に、1つずつ行きましょう!

 

リアルタイム

アナリティクスリアルタイム

こちらは、今現在「NOW」の状況を表示しています。

まさに今、サイトがどのような状況であるのか。を示しています。

このリアルタイムレポートからは、

今現在サイトを訪問しているユーザーが何人いるのか
(アクティブユーザー数)

 

サイト内のどのページを訪問しているのか
(アクティブなページ)

 

どこからサイトに来たのか
(参照元)

 

国・地域・デバイス別での訪問ユーザーの情報
(リアルタイム ⇒ 地域)

 

主にこの4つの情報を得ることができます。

 

 

ユーザー

アナリティクスユーザー

ユーザーレポートは、5つのレポートの中で1番情報量が多く、1番重要なレポートとも言える箇所です。

サイトに訪問しているユーザーの情報が、ここから全て把握できます。

 

サイト運営をする上で狙ったターゲット層が、自分のサイトに訪問してくれているのか。を調べる事ができます。

主に把握しとくべき箇所をまとめました。コチラ⇓

  • ユーザー数
    サイトに訪問したユーザー数

 

  • 新規ユーザー数
    初めてサイトに訪問したユーザー数

 

  • セッション
    サイトに訪問された回数

 

  • ページビュー
    訪問ユーザーが閲覧したページ数

 

  • ページ/セッション
    1回の訪問で何ページを閲覧したのか

 

  • 直帰率
    1ページだけしか見なかったユーザーの割合(セッション数を直帰率で割った数字)

 

  • 新規セッション率
    初めてサイトに訪問したユーザーの割合

 

  • 訪問ユーザーの年齢層
    年齢層を把握できます

 

  • 男女の割合
    男性と女性ユーザーの割合を把握できます

 

  • どの国から訪問しているのか
    国別での訪問ユーザーを把握する事ができます

 

  • どの地域から訪問しているのか
    どの地域からアクセスが多いのかを調べられます

 

  • どのブラウザを使用しているのか
    Choromr・Safari・Internet Explorer・Edge・Firefox…etc

 

  • どのデバイスを使用しているのか
    スマホ・パソコン・タブレットなど

 

特に把握しとくべき箇所だけをピックアップしました。

自分のサイトに訪問してほしいユーザー層は、しっかりと訪問してくれていますか?

この結果を元に、サイト運営の方向転換や運営の仕方を変更できます。また、狙っていたターゲット層では無いユーザーなどからの訪問が多い時などは、アクセスが多いユーザー向けに切り替えるのも有りだと思います。

 

 

集客

アナリティクス集客

こちらは、流入元を調べることが可能です。

Google検索で、サイトに訪問したのか。

SNS経由で訪問したのか。

直接URL入力で訪問したのか。など、サイトに訪問してきたユーザーがどこから来たのかを調べる事ができます。

基本的な流入元

  • Organic Search
    Ggoogle検索・Yahoo検索など、検索でヒットして訪問したユーザー
  • Social
    SNSからの経由でサイトを訪問したユーザー
  • Referral
    他のサイトなどに、リンクが貼られていてそこからの流入
  • Direct
    参照元サイトが無い場合のアクセス(ブックマーク登録後2回目のアクセス・URLの直接入力など)

更に詳しく調べるには

アナリティクス画面2

参照元/メディアをクリック

参照元とメディアの両方からの流入元が把握できます。

 

(例)Google/organic の場合

Google ⇒ 参照元「流入元のサイト名」

organic ⇒ メディア「どのように流入したのか」

上記の(例)からは、Google検索でサイトに訪問した事が把握できます。

 

メディア

organic:検索

Referral:リンク経由

display:ディスプレイ広告から

none:流入元が不明

など…

 

行動

アナリティクス行動

サイト内での訪問ユーザーの行動を調べることができます。

チェックしておくべき箇所はコチラ⇓

  • ランディングページ
    サイト訪問で最初に見ているページ
    (行動 ⇒ サイトコンテンツ ⇒ ランディングページ)

 

  • どのページを見ているのか
    (行動 ⇒ サイトコンテンツ ⇒ すべてのページ)

 

  • どのページで離脱しているのか
    (行動 ⇒ サイトコンテンツ ⇒ 離脱ページ)

 

  • 離脱率
    (行動 ⇒ 概要)

 

  • サイトの表示速度
    (行動 ⇒ サイトの速度 ⇒ ページ速度)

サイト内での訪問ユーザーの行動を把握して、改善すべきページを徹底的に修正していきましょう。特に離脱されやすいページの修正や、ページの速度を改善しましょう。サイト内の表示速度はコチラも参考にしてみて下さい。▼サイトの表示速度を改善する方法

 

 

コンバージョン

アナリティクスコンバージョン

こちらのコンバージョンレポートは、予め目標設定をしておかないと使用ができません。

一般的には、インターネット上で商品や、サービスなどを販売するサイト運営者向けな機能です。

目標として設定した問い合わせ件数や達成率などを調べられるレポートです。

  • 到着目標URLの設定
  • 滞在時間の設定
  • ページビュー数
  • イベント

主にできるコンバージョンレポート機能です。

売り上げなどが関係してくるサイトには必ず設定しましょう。

 

 

アナリティクス基本レポートまとめ

1つずつチェックして、正しい情報を元に改善していきましょう!

目指せアナリティクスマスター!

 

急上昇の記事

トークライバー画像

アプリ

【マシェLIVE・トークアプリ】配信用ライバーで気軽にお小遣い稼ぎ!

【女性必見】 お小遣い稼ぎが出来ちゃう。マシェLIVEトークアプリをご紹介!   ライブ配信で、報酬ゲット! ってゆーアプリです。   使い方や、どんなアプリなのかを徹底解説してい ...

ライブアプリ

アプリ 比較・まとめ

【2020年】最新の稼げるライブ配信アプリはどれ?

2020年11月現在、コロナ禍の影響もあり、自宅にいながらお小遣い稼ぎが可能なライブ配信アプリが物凄い勢いで普及しています。お小遣い稼ぎや副業としてアプリに参加している『ライバー』増えている一方で、自 ...

ビゴライブロゴ

アプリ

【BIGO LIVE】ビゴライブとは?稼げるライブ配信アプリの使い方を徹底攻略!

2020/11/27    , ,

ライブ配信アプリの中でも 稼げるライブ配信優秀なアプリ使いやすい操作が簡単 などと評判の良い 【BIGO LIVE】(ビゴライブ)   最近とにかくビゴライブの噂を耳にするので、どんなライブ ...

ショッピファイの公式サイト

インターネット

最近噂のShopify(ショッピファイ)とは…?使い方から費用まで

最近話題の『Shopify(ショッピファイ)』   皆様ご存じですか?   名前は聞いた事があるけど、細かいことまで知っているって人はまだまだ少ないのではないでしょうか・・・ &n ...

イリアムのロゴ

アプリ

人気でハマる人が続出…?ライブ配信アプリの【IRIAM】イリアム

2020/12/2    ,

誰でもキャラクターになってライブ配信を行うコトができる   【IRIAM】イリアム   一般的なよくあるライブ配信アプリでは、ライブ配信者が自分の顔をスマートフォンにかざして、テレ ...

よく読まれている記事

-Analytics
-,

© 2021 wright BLOG